映画「ハルフウェイ」

2009/2/23 | カテゴリ: レビュー

だけど、それは まだ 物語の途中…

 

今年初映画館。新宿バルト9のレイトショーで「ハルフウェイ」を観ました。

最初は観る候補に入ってなかったんだけど、監督ではないけど制作が岩井俊二で音楽は小林武史というのを知って、岩井俊二が青春を撮るなら、と思って。で、なんだかすごく良かった。

監督の北川悦吏子さんには悪いのかもだけどやっぱり画は岩井節で、光が柔らくてあったかく、冷たいくらい邪気が無い。風景写真かと思うくらいキレイなカットが時々入って、なぜか毎回デジャブみたいな感覚に襲われる。「ぐらぐらした感情の時にみた風景」みたいなのを一般化して観る人にフラッシュバックさせるような技がある気がするんだよなー。やっぱり岩井俊二の撮る画が好きみたいです。

ところで、僕のまわりの映画好きには「岩井俊二なんて」って人が多い気がする。「画だけでしょ」みたいなかんじ。でもそういう「画」があることによってフラッシュバックが起きて、ストーリーが全部自分のものになっちゃうというか、RPGで主人公に自分の名前つけたのと同じ自己化があるんだよなー。その精度は岩井俊二にしか出せない高さがあると思うんだけど、たくさん観る人にとってはそうでもないのかな。

halfway2

ハルフウェイに話しを戻すと、この映画、演技がすごい自然。「こんなに自然な演技って出来るもんなの?」とか思いながら観てたけど、帰りに立ち寄ったコンビニの雑誌で読んだところ、ほぼ全編アドリブだそう。そういうことか。たぶん、ながーくカメラ回して自然な瞬間を切り取ってるんだろうけど、それにしても見事な自然っぷり。俳優ってすごいな、と素直に思った。

ちなみに、映画タイトルの「ハルフウェイ」もアドリブから生まれたものをタイトルにしたんだそうです。原題はキャッチコピーになってる「だけど、それはまだ物語の途中…」だったんだとか。

 

なんかすごいぐだぐだな文章だけど、まだ書く。(注意:以下多少ネタバレになるかも)

 

作品中の、ストーリーも、風景も、台詞も、何一つ未知なものはなかったです。知る知らないどころか、経験してないものがない。物事をなんとなくずるずる決める「彼氏」とか、恋に恋してる「彼女」とか、どっちの方が「好き」の感情が大きいかとか、それが「何対何」だとか。スクリーンに映る全てを、高校生の自分が経験してる。万人に当てはまるとは思わないけど、少なくとも僕にはすべて可愛らしい「過去」で、どうやっても戻れない、まだ何も知らない「ハルフウェイ」な自分がそこにいました。大人の言う「未来」を気にして、でも全然分からなくて、結局分かったフリで「今が大事」とか言っちゃう自分。バカだなー。愛おしいなー。

halfway3

音楽は全然印象に残らなかった。BGMとしてベストなかたちで職務を全うしたんじゃないかと。エンドロールで流れるsalyuの歌は良かった。iTunesにあれば欲しい。

あーそういえばエンディングも良かった。ちょっといい終わり方。

 

なんか褒めまくりですね。まぁでもほんと、とにかく可愛らしくて、ずっとクスクスしながら観てました。すごく好きな映画です。今年もちょくちょく映画館行こう、と思えました。

「青春」が嫌いじゃない方は是非観てみてください。

halfway-web

ハルフウェイ

関連するエントリ
コメントする

PageTop
© Techno-Sublime All Rights Reserved.